Apple Watch 2でSuicaを追加する手順と設定方法!使い方もまとめてみた

みなさんこんにちわ。

Shoです。

さて、本日はApple Watch 2に
Suicaを登録する方法をご案内したいと思います。

これめちゃくちゃ便利です。
Apple Watch 2を持っている方は
ぜひ設定していただきたい!

そうすればあなたも
私と同じように

駅やコンビニでドヤ顔できる事でしょう。

Apple Payを使うにはiOS10.1が必要

まずSuicaのアプリをiPhoneの方にインストールする必要があるんですが、
その前に・・・

iOS10.1をiPhoneにインストールしないと行けません。

iPhoneをiOS10.1にアップデート

自分のiPhoneがiOS10.1がまずは確認してくださいね。

【設定】→【一般】→【ソフトウェアアップデート】

img_1167_up-1

Apple Watch 2もwatchOS 3.1にアップデート

【Watch】→【一般】→【ソフトウェアアップデート】

img_0114

どちらもiPhoneからの作業です。
Apple Watch からは特に操作しません。

Apple Watch には上記のメニューはないので
注意して下さい。

Apple Watch にSuicaを追加する手順について

まずはAPPStoreでSuicaをインストールします。

img_1482

インストールされたらSuicaのアイコンをタップします。
すると以下のような画面が出てきますので、

【Suica発行】

をタップします。

img_1484

続いてSuicaの種類を選択します。

無記名だと簡単に登録が完了するのですが
今回は【記入式】でやってみたいと思います。

img_1485

規約等を確認して【会員登録】をタップ

 

img_1489

 

氏名、メールアドレス、クレジットカード情報など入力して、
【次へ】

img_1490

 

クレジットカードのセキュリティコードを聞かれるので
コードを入力して【完了】

img_1491

 

最後に以下の画面が出てきたら完了です。

img_1492

Apple Watch 2にのSuica設定

iPhoneにてSuicaの設定が出来たので、
お次はApple Watch側の設定です。

iPhoneのWatchアイコンをタップします。

【WalletとApple Pay】をタップします。
img_1493

既にiPhone上でSuicaが使用できる場合は
iPhone上の他のカードという所Suicaが
出てきていると思いますので、
【追加】ボタンをタップして下さい。

すると下記の画像の様にWatch上のカード
ということでSuicaが追加されます。

img_1543

以上で設定は完了です。

これで改札を通る事ができるようになります。

というわけで実際に改札とコンビニで買い物してみた

改札を通る際に時計の全面を【ピッ】の所に
当てる必要があると思っていたのですが、
これが実は違ったんですね。

ちょっと以下の画像を見ていただきたいのですが、

img_1544

左手に付ける場合ピンクの枠で囲った部分
ここにセンサーがあります。

なので、手首を180度回転させなくてOKです。
90度くらい手首を回転させて【ピッ】の所に当てれば
反応します。

と言うかこれじゃないと反応しないです。
試しに全面でやってみたんですが、
反応しませんでした。

なので手首は

img_1545

こうではなく

img_1546

このような角度で【ピッ】に当てるといいでしょう!

さて、続いてはコンビニで支払いを行なってみます。

ここで1つの疑問が生まれますよ。

店員さんになんて言って支払いを行えばいいのか。

ApplePayで!

と言っても通じません。

ちなみに今回の手順で設定を行なった場合は
店員さんには元気よく大きな声で

Suicaで!

と言って。

スマートにApple Watch のサイドのボタンをダブルクリックします。

img_1547

すると・・・

img_1540

Suicaの画面に切り替わるので
とはこれを【ピッ】の所に当てるだけで
決済できます。

その時の私の表情をパンダで表すと・・・

 

opanda引用元

こんな感じでドヤ顔です。

 

改札通るときだって

opanda引用元

こうです。

さぁ皆さんもApple Watchを買ってドヤ顔しましょう。

それでは今回はこんな所で。

あでぃおす

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です