内部リンクの最適化は結局SEO対策になるの?効果ある張り方について

こんばんわ。Shoです。
本日は昔から言われている
内部リンクのSEOについてお話したいと思います。

結局の所SEO効果だったり、
やり方が明確にわかっていないと
しっかりとした対策も
できないと思うので
この機会にマスターしてみてください。

内部リンクって何?

内部リンクとは・・・

自分のサイトの記事どうしを繋げてあげることを言います。

はっ?

って思った方もいると思いますので、
実際に例を出します。

関連記事:Shoが自己啓発セミナーに行って洗脳されそうになった話はこちら

上記が内部リンクです。

つまり今、書いている記事と
関連のある記事を
上記の様にアンカーテキストを用いて
繋げてあげることを内部リンクといいます。

自分の記事 ⇛ 自分の記事 = 内部リンク

その反対が外部リンクです。

自分のサイト外のリンクを張る
or
外のサイトから自分のサイトへリンクを貼ってもらう

これが外部リンクです。

自分のサイト ⇛ 外部のサイト = 外部リンク
外部のサイト ⇛ 自分のサイト = 外部リンク

外部リンクの事を”被リンク”と言ったりもしますね。

少し前までは
サイトの評価を上げるためには
優良なサイトから外部リンクを受けることが
自分のサイトの評価を上げるポイント。

なんて言われていましたが、
現在は外部リンクよりも
内部リンクの方をどうも重要視しているように思います。

なので、今後ブログを書き
アクセスを集めていこうと思っている人は
外部の要因よりもまずは、
内部リンクを強化する事をおすすめします。

内部リンクの重要性

Googleのクローラーは

どういったところを見て検索順位を

決めているのか。

まず最も重要なのは

”コンテンツの質”

これに関しては有無も言わさずです。

そしてもう一つ重要なのが

内部リンクです。

内部リンクが重要な理由は以下の3つです。


①クローラーがサイトを巡回しやすくなる
②サイト内で重要なページとして評価してもらえる
③関連するページへのリンクを貼ることによって、ユーザも別の記事に移動しやすい

意味がわかりにくいと思いますので、

詳しく説明して行きます。

①クローラーがサイトを巡回しやすくなる
②サイト内で重要なページとして評価してもらえる

私達の記事が検索されるにはまず、

Googleのデータベースに記事が

登録されないといけませんよね?

でも、そのクローラーって、
1回サイトに訪れただけでは、

記事の情報を正しく取得できないんですね。

クローラーは記事内に配置された
ページを移動していきます。

つまり・・・順位を上げたい記事を
自分のサイト内で1つではなく
複数箇所に散りばめておくことで、
クローラーが

”この記事は結構沢山の記事にリンクされているな”

と判断され、

”この記事は重要なんだ!”

と認識でき上位表示されやすくなる。

という理論です。

つまり・・・

クローラーが巡回しやすいように
リンクを繋いであげることによって
サイト内で重要なページとして
評価してもらえる。
ってことです。

③関連するページへのリンクを貼ることによって、ユーザも別の記事に移動しやすい

関連ページをリンクとして繋いであげることにより、
クローラー(ロボット)に対しても、
重要である記事を伝える事ができる以外に、
記事を見ているユーザにも
関連する記事を今度は
視覚的に伝える事が出来ます。

関連となる記事があるにも関わらず、
内部リンクを繋がなかった場合・・・
関連となる記事は一生見られることはないでしょう。

ただ、視覚的に
こんな感じで

関連記事:自己啓発セミナーに行って洗脳されそうになった話

アンカーテキスト付きで、

内部リンクを行なったらどうでしょうか?

興味をもって見てくれる人が

いるかも知れません。

しかし、この記事に

関連となるこうしたアンカーテキスト付きの

リンクがなかったらどうでしょうか?

私の自己啓発セミナーの記事に気づく可能性が
極端に下がります。

この様に関連となる記事を見ている人にも
わかりやすく提示してあげることで
PVを上げることも出来ますSEO的な観点からしても
非常に重要ということになります。

ただ、どうやって関連記事(内部リンク)を

作ればいいのかわからないという方も

多いと思います。

内部リンクの効果的な張り方

ではどうやって実際に内部リンクを
作っていけば一番効果的なのか。

①記事内に関連記事を載せる
②URLではなく文字をアンカーテキストにする

①記事内に関連記事を載せる

記事内に関連記事を載せるのが
一番効果的と言われています。

つまり先程から少しご紹介している

関連記事:自己啓発セミナーに行って洗脳されそうになった話

このような形で記事本文中、
もしくは記事の頭、最後に持ってくると効果的です。

また、記事の下部に画像付きで
関連記事を載せる場合もあります。

例えばこんな感じ

スクリーンショット 2016-05-25 22.29.40

もちろんこれも内部リンクと呼ばれるものです。

しかし、これ以上に効果があるのが、
先ほど紹介した、

関連記事:◯◯・・・

と言った載せ方になります。

こうやって繋げるか繋げないかで
ボディブローのように効いてきますので
ぜひ実践して頂きたいと思います。

②URLではなくアンカーテキストにする

URLを直接張りそこにリンクをするよりも
アンカーテキストにすることでより効果が
あると言われています。

URLとはこんな感じ

アドセンスでドット2個やスラッシュを入れると登録できなくなった!? ⇛ http://sho-ad.com/714.html

これがURL指定の内部リンクです。

しかしこうするよりも、

アドセンスでドット2個やスラッシュを入れると登録できなくなった?!

そしてここで何よりも重要な事は

◆アンカーテキストはキャッチーであること
◆リンク先のページで上位表示させたいキーワードを含ませる

◆キャッチーな文言にする
⇛ ユーザに視覚的に印象が与えられる = 見られる可能性が高い

◆リンク先のページで上位表示させたいキーワードを含ませる
⇛ クローラーに重要な単語を伝える事ができる = 検索上位表示される可能性が上がる

これらを意識して内部リンクを
張ることで数カ月後にはおそらく
多くの記事が上位表示されていると思います。

現に私もあらゆる所に内部リンクを仕込み、
多くの記事でそして、単発ワードで
上位表示させていました。

だからこそ1つのブログで
アドセンスからの収益が260万円とかになっていました。

細かは配慮こそがブログを強くします。

面倒と思うかもしれませが、
その面倒な事をやるからこそ
人とは違う結果を得ることが出来ます。

もし、その秘密が気になる人は
ぜひメルマガを購読してみてください。

それでは今回はこんな所で

あでぃおす。

トレンドブログで2500万円稼ぐ方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です