ブログで月収200万円以上稼ぐノウハウをお伝えします。

令和の時代に大学生は就活せずに就職しないという選択肢はあるのか考えてみた

しょう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しょう
2014年にトレンドブログを初めて半年で月収260万円を稼ぎ、1年半でアドセンスで2500万円稼ぎ脱サラ。 現在はブログコンサル&プレイヤーとしても活動中。 最近は中古ドメイン探しにハマっています。当たりの中古ドメインをほぼ100%の確率で引き当てれます。
詳しいプロフィールはこちら

平成から令和になった2019年5月1日

平成という時代も31年間続きいろいろなことが有りました。

バブル時代は内定をもらうことは容易でしたが2000年前後には逆に全く就職ができない就職氷河期を迎えたりと、平成は波乱万丈な時代だったと思います。

 

平成の初期は就職するのが当たり前だった世の中ですが、今はちょっとその流れも変わってきているのかなと思います。

 

稼ぐための手段が就職する事だけでなくなってきているのは平成に進化したインターネットの存在がやはり大きのではないかと思います。

そこで今回は

現代の大学生が本当に就活せずに就職しなくてもいいのか?

 

という話題について自分なりに考えてみました。

就活は必要なのか?

私は現在31歳で起業して活動をしていますが、起業する前はサラリーマンでした。

大学3年生〜大学4年生の頃は就職活動もやっていました。(あんまり真面目にやらなかったけど・・・)

 

当時は生意気にも

[chat face=”shologo.png” name=”しょう” align=”left” border=”red” bg=”red” style=””]「俺、バンドで売れるから就職なんてするつもりはない!」[/chat]

って夢見がちな大学生でした。

 

ですが、大学時代にお世話になった大人はもちろん、親からも

「そんなに世の中甘くない」

と言われて、泣く泣く就職活動をしていたんですが、やる気が無いもんだから全くと行っていいほど内定が取れませんでした。

 

ですが、なんとか1つの会社の内定が取れて少しホッとした記憶があります。

 

当時はいやいややっていた就職活動ですが、今31歳という年齢になって

「あのとき就活を経験していてよかった」

って心から思います。

 

人の敷いたレールを歩くのって現代からすると嫌がる人もたくさんいると思いますが、正直経験としては必ず就活ってやっておいて方がいいと思います。

日本においてはまだ

「就活するのは当たり前」

って風潮ですしね。

 

今は嫌かもしれないけどあとあと絶対に

「あのときの経験があったからこそ今がある」

って思えるときが来るはずです。

 

こんなこと言ってもなかなか響かないと思いますが実際のところそういうもんなんです・・・笑

 

就職は1度は絶対にするべき

就職したって意味がないって思う人も現代だといるかも知れませんが、就職はしておいたほうが絶対にいいです。

僕が就職せずに今の職業である「ブログ講師」をやっていたら多分

「常識も知らない生意気なコンサルタント」

に、なっていたと思います。

 

社会のルールや常識、これらはすべて会社で学びました。

大学時代には先輩、後輩という立ち位置があったかと思いますが、言っても年齢差は対して内ですし、容姿や風格も自分自身とそこまで変わりないはず。

 

ですが、社会に出た途端に先輩、後輩以外にも会社間を超えた関係が生まれてきます。

時には大企業の超お偉いさんに出会うこともあるでしょう。

 

そんなときの礼儀やルールを教えてくれるのは紛れもなく自社の上司や先輩になるはず。

 

社会のいろは

 

というものはこういった場でしか学べません。

失礼のないような言葉遣いや振る舞い。

コレって社会に出ないと絶対に教わることはできないと僕は思います。

 

スーツ着ていろんな会社を渡り歩いて沢山の人に出会うことで知ることができるルールです。

 

この経験がない人ってあって話すだけで

「あ、この人社会人としてのルールあんまり知らなさそう」

ってのがすぐわかります。

 

それが顕著に出るのが名刺の受け渡し、もらったあとの振る舞いですね。

 

「常識」

 

って言葉が嫌いな人もたくさんいると思いますが、その常識は社会に出てからじゃないと学べないので僕は1度は就職はするべきだと思います。

堅苦しいことが嫌いだ!

と言って自分のやりたいようにやる前に1年でも2年でもいいから就活して就職しましょう。

 

じゃないと仮に自分で起業しよう!と思ったとき圧倒的に不利になります。

 

社会に縛られて生きるのが嫌なら・・・

そう言っても社会に縛られるのが嫌で、就職して仕事をしたくないって思っている人もたくさんいると思うんです。

そこでおすすめしたいのが「副業」です。

 

仕事しながら副業なんてできるのだろうか?

 

って疑問を抱く人は独立そのものをやめたほうがいいです。

独立すること起業することはそんなに甘くないです。

 

本気で自分で時間を自由に使って仕事をしたいとおもっているなら、どんな方法を使っても時間を作ろうとしますし、そうでもしないと独立なんて無理です。

 

僕は当時の会社は給料も低いし、残業代、ボーナスもない会社だったので、どうにかしてこの会社から抜け出したいという思いで副業をしていました。

結果独立するまで少し時間はかかりましたが、今では会社を立ち上げるところまでこぎつけました。

 

今や大企業は「副業を解禁」している起業もあります。

一昔前なら

「本業に差し支えるから副業なんてもってのほか」

という時代だったのが今では会社がOKを出しているところも多いんですから、大いに自宅で仕事をして会社以外の収入源を作ればいいと思います。

 

でも、そんなときに一体何の副業をしたらいいか?

って壁にまずぶち当たりますよね。

 

結局副業って何がいいのか?

副業と一口に言ってもいろいろあるわけです。

時間外労働で何でもしていいのなら会社から帰ってきてコンビニのレジ打ちするのも副業になると思います。

でも、それって結構しんどいです。

昼間会社で働いて夜またコンビニに出勤して立ち仕事でのレジ打ち・・・

 

考えるだけでもイヤですよね。

副業は副業でも大きく分けで3つの種類があります

  • ネット系
  • 投資系
  • 労働系

労働系は体を使うのでパスです。

となるとネット系か投資系になります。

 

ではそれぞれのメリット・デメリットを見ていきます。

 

ネット系副業の特徴

ネット系副業としてよく名前が上がるものとしては

  • アフィリエイト
  • せどり
  • クラウドワーカー

でしょうか。

1番のメリットとしては空いている時間にできるということと、リスクがほとんどなく初期投資額も少ないため、参入しやすいという事です。

  評価 備考
収益性 頑張れは月収100万円を目指せる
手軽さ 誰でも手軽に始めることはできるが、少々専門知識も必要
時間 空いている時間を使えば誰でもできる
安全性 月にかかる資金は1000円程度なのでほぼノーリスク

 

投資系副業の特徴

投資系の副業としてよく挙げられるのが

  • 株式投資
  • FX

と言った割と馴染みが深いものを思い浮かべる方もいると思います。

実際に渡しもこの2つはやったことがありますが、ネット系の副業と比べるとかなりリスクがあります。

そして元手もある程度必要です。

ですが、ネット系のビジネスと違って即金になりやすいというメリットがあります。

 

  評価 備考
収益性 資産を倍にすることも用意
手軽さ 元手が必要なので手軽ではない
時間 予備知識や勉強は必要であるが取引は一瞬で終わることも
安全性 投資案件は元手を失ってしまう可能性もありリスクがある

 

個人的な意見としてはまずは「ネット系」副業から

僕が投資系の副業をおすすめしない理由の大きな一つとしてあるのが

「相手がプロ」

というのがあります。

 

株式投資やFXのは世界の「ヘッジファンド」と言ったプロ集団を相手にするになります。

右も左もわからない素人がプロに勝てるのか?ということです。

 

少年野球のチームがプロの野球チームには絶対に勝てない。

 

と、一緒です。

 

野球なら子供と大人なのでもしかしたら大人は手加減してくれるかもしれませんが、投資の世界はそうは行きません。

高い知識や情報をフルに活用して全力で立ち向かってきます。

そんな世界に入って数ヶ月でプロに勝つなんて相当な天才でない限り無理です。

 

一方ネット系副業の世界はもちろんプロもいますが、プロが手を伸ばしていない域というのがかならず存在します。

そういったところを狙うことができるので素人でも数ヶ月頑張れば成果がでます。

 

更にそこでおすすめなのは

「アフィリエイト」

というジャンルです。

 

僕が今起業できているのもすべて「アフィリエイト」のおかげです。

 

でも、これだけは言えます。

「先生を付けなかったら絶対に起業はできていない」

 

これもまたたとえ話になりますが、

自力で勉強するのと家庭教師をつけてわかないところをすばやく添削してくる人がいるのとでは結果に大きな違いが生まれるはずです。

 

まとめ

副業をやるならまずは「アフィリエイト」から

そして、アフィリエイトで作った資金で会社をやめて独立して起業する。

そこから投資の世界に入って元手を倍にするということが堅実なサクセスストーリーなのかなと思います。

 

ただし、すべての大前提は就職です。

20台前半で仕事に取り組み後半でアフィリエイトをやって30代目前で独立。

 

こんなイメージをしながら生活するだけであなたは数年後に大きなお金を手にしているはずですよ。

 

〜ブログの収益化で悩んでいるあなたへ〜

サラリーマン時代に仕事から帰ってきてブログを毎日下記デイリー15万PVを安定させ、月間500万PVのブログを作ったノウハウをあなたに全部公開します。

今登録いただければブログで2500万円稼いだ秘伝の書を無料で配布中!

以下の登録ボタンからメルマガに登録してぜひゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
しょう
2014年にトレンドブログを初めて半年で月収260万円を稼ぎ、1年半でアドセンスで2500万円稼ぎ脱サラ。 現在はブログコンサル&プレイヤーとしても活動中。 最近は中古ドメイン探しにハマっています。当たりの中古ドメインをほぼ100%の確率で引き当てれます。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. アバター takafumi より:

    こんにちは。
    社会の常識を身につけてから副業・独立(起業)という流れはいいですね。
    最初の会社がブラック企業でないならもっといいですね。
    価値のある記事をありがとうございます。また訪問させていただきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© It's Sho-Time , 2019 All Rights Reserved.